2016年01月08日

緩和ケア病棟へ転院

車は空いてて8時前に病院に着く。
病室に行くと母は起きて荷造りをしていた。
朝にA先生が来て、挨拶したとのこと。
着替えを手伝って、荷造りの続きをしていると、この先1週間分の薬と、市立病院への看護師間の申し送り状と会計書の後日発送の確認書を持ってこられる。
担当してくれた看護師さんが次々とお別れの挨拶に来てくれて、母は少し名残惜しそうで、遊びに来てねと言っていた。
勿論皆さん忙しい身だから来れないのは重々承知の上、笑顔で「うん、行くわ」と返してくれるのが嬉しかった。
最後に母は主治医の先生に会って挨拶をしたがっていたが、会うことは無かった。

1階からカートを持って来て荷物を全部載せて、10時前に病室を出て駐車場に向かう。
母はカートに寄りかかりながら、1年以上良く通ったね、もう来ることも無いねと感慨深げにゆっくり歩いて行く。
いつもの駐車場2階の障碍者用スペースに停めた車に荷物を載せ、母に車で待っててもらってカートを返しに行く。

10時過ぎに駐車場を出て家に向かう。
病院に行く前に一度家に寄ってケリーと三宝さんにご挨拶したいと言うので、一旦家に帰ることにする。
もうこの怖い4車線の有料道路を通わなくて良いかと思うと私もホッとする。
車は空いていて、40分ほどで家に到着したがすでに10時45分、10時半予定の入院手続きがあと20分ぐらい遅れると市立病院に連絡を入れておく。
ケリーの仏壇と三宝さんに手を合わせてから、庭の花のチェック、自室に上がって2枚ほど服をとってきて、何年かぶりに杖も持って病院に向けて出発。

駐車場が一杯で並んでいるため、玄関前に停めて受付にどうしたら良いか聞きに行く。
玄関横の障碍者用スペースに停める様言われて、鞄一つだけ持ってまず母を7階の緩和ケア病棟に連れて行く。
1階からエスカレーターで2階にあがり、長い廊下を付きあたりまで歩かなくてはいけないが、私につかまりながら杖を突き、左右にある食堂やコンビニ、各診療科を見ながら「きれいな所やね」と言いながらゆっくり歩いていく。
2階から7階までエレベーターで上がり、緩和ケアセクションに行くと、受け付けで看護師さんが待っていた。
歩けますか?車いすが要りますか?と聞かれ、母は車いすを希望したのでびっくりした。
ここまで歩いてくるだけで、そんなにしんどかった?
ホントに体力が無くなっているんだなとショックだった。

車いすに座らせてもらって良かった、一番奥の部屋まで結構遠かった。
面談の時に見せてもらった同じタイプの広い部屋で、明るいしきれいだと母もびっくりしてた。
が、一人で使うには広すぎるし寂しいし高いし、と葛藤はあるようだ。
無料の相部屋が空き次第、変わってもらえるように看護師さんに言っておいた。

さて、またここで新たな闘病生活が始まる。
できるだけの母のサポートをしていかねば。
少しでも早く家にも帰ってきてほしいから。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:57| Comment(1) | 病状経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介


日蓮正宗

全生庵

言霊百神
Posted by 辻 at 2016年02月03日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。