2015年12月28日

ポートの入れ替え手術と外泊許可

今日から妹は仕事休み。
私は出勤前にお粥を持って病院に寄って行く。

9時から10時半でポートの入れ替え手術が終わっていた。
右の古いポートを取り出す時が痛かったらしい。
肉の巻きついている所を切り離す時に激痛が走ったと言い、様子を聞いているだけで痛くなる。
左に新しいポートを埋め込んだとのこと。
左右に大きな絆創膏が張られていて、どちらもまだ凄く痛いらしい。
可哀想に、母はずっと痛みに耐えることばかり。

母はちょうど病院の昼食を食べるところで、お膳の前に座っていた。
持ってきた玄米粥を入れて、おかずの大根の田楽やほうれん草の煮びたしを少しずつと一緒に食べてもらう。

昨日持ってきてたお粥はほぼ全部食べて黒焼き玄米茶も全部飲んでくれていたので嬉しかった。
残りの玄米茶を持ってくれば良かった。
暫くしてから苺を勧めたら食べてくれ、その後すぐ便意を催したと言うのでトイレについていく。
5分ほどかけて「出た」とすっきりした感じでトイレから出てきた母。
まだ色は白っぽいらしいが、4日ぶりに全部出た感じでスッとしたと言う。
お腹の張った感じが無くなったらしく、良かった。

あとで妹がくるからと、母の手を握ってバイバイして2時半に病室を出て、私は出勤。

夕方からお見舞いに行った妹が、母の肝臓から出ているチューブを途中で止めて、廃液バッグが外れ、点滴も終わったので、煩わしい点滴台からは解放されたと報告してくれた。
また、年末31日から2日まで外泊許可がおりたとのこと。
お正月は3人で家で過ごせる。

昨日から冷え込んで寒い我が家。
母が帰ってきた時、耐えられるか心配になる。
寒いトイレに足元ヒーターを置こうか。(会社のを一つ持って帰って来よう)



にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:57| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。