2015年12月11日

絶食で体重増加

9時に起きて、着替えてきてから、〇×の介護センターに問い合わせの電話を入れたが、人手不足で断られる。
△〇ケアセンターのほうに電話して15日にケアマネージャの手配が出来るか問い合わせ、返事をファックスしてもらっておくよう頼んでおく。

化粧して、出かける準備ができてから、玄米と玄米粉で重湯を作っていると、母から電話がかかってきて「日曜まで絶食だから、重湯や梅干しなんかはまだ持ってこなくていい」と言われる。
昨日洗濯したタオルと下着とパジャマ、頼まれた目薬とまつ毛の薬、箸とスプーンを持って11時に出かける。

病院に着いたのが12時過ぎで、隣の人がまだ病室を出る用意の為にバタバタしていた。
昨日はロキソニンが良く効いて眠れたとのこと。
今朝の体重測定で1キロ増えていてびっくりしたという。
ずっと絶食で、点滴だけで体重増えるの?

隣の人が退院して行ってから、掃除の人がバタバタ片づけ始めたので、母とデイルームに行く。
デイルームのほうは、これから入院の人の家族とかで一杯で座るところが無かったので、セクション向こうのデイルームに行って座る。
此方は空いていて、母は懐かしそうにしていた。
去年の9月と10月はこっちに入院してたからね。
顔なじみの看護師さんを探していたが、見つからなかった。
常に交代となっているのかな。

母のためのサプリも揃ったから、妹が手ぐすね引いて待ってるよと言うと、母は「頑張る」と前向きな姿勢だったのでホッとする。
今日は昨日より少し肌の黄色みが取れてきているようだ。
出ている液の色が、緑から黄色っぽくなっていて、これが黄金色っぽくなれば良いとのこと。

少し調子が良さそうなので、セルフタイマーで母との2ショットを撮っておく。
あまり毎回撮るのは要らぬ不安を与えそうで嫌なのだが、1枚でも多く母の元気な姿を撮っておきたい。

20分ほど話してからトイレに連れて行って、病室に戻るとベッドの位置が変わっていてびっくり。
カーテン開けたら別の入院患者さんと家族が先生の説明を受けている所で、室内表を見直したら窓際に替わっていた。
やっと窓側ベッドに移れて、母は喜んでいた。

その後私は午後から出勤して仕事、帰りにケリーに供える花を買って帰る。
妹に母の様子を伝えて、ブドウ糖の点滴で体重が増えていたことを言うと、「ブドウ糖じゃなくてたんぱく質の点滴をして欲しい」と言っていた。
せっかく絶食でガンの餌になる糖質をカットしてるのに、と愚痴っている。
それにしても日曜から6日目となる絶食で、よく耐えられるよなと心配になる。

溜まっていたレシートを、母の代わりに家計簿に付けていく。
これからはこんな事もしなきゃいけないんだ...。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:57| Comment(0) | 病状経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。