2015年10月16日

食欲低下と漢方薬

朝、母は起きて来ず、心配になったので出かける前に部屋を覗いたら、もう少ししたら降りると言って寝ていた。
定時で帰宅すると、母はスマーティに入っていて、晩御飯はお粥で良いと言う。
野菜コンソメだけでキャベツと山芋と人参を煮て即席ポトフを作る。
母がシャワーを浴びて出てきてから一緒に晩御飯。
私もお粥を付き合い、ポトフと鶏のから揚げを妹と食べる。
母はポトフの匂いがダメ、と食べれず、お粥だけ食べた。
国産野菜のコンソメだけで煮たのに、何でだろう?

昨日のプルーン効果か、今日はひどい下痢だったらしい。
間の調整が難しいね。

妹の咳がひどくなっててうるさいから、「マスクしてよ」と母が嫌がってる。
うつらないでね。

白血球を上げるのに効果があるらしいので注文しておいた「十全大補湯」という漢方薬が届いたので、母に今晩から1日3回飲んでもらうようにする。
臭いが気分悪いらしいので、臭いが上がってこないようブレスケアと一緒に飲んでおいてもらう。
ホントは以前に行った漢方内科ででも処方してもらう生漢方のほうが効果が高いだろうが、何せ匂いはもっときついし、値段も高いから、売薬漢方錠で妥協。
少しでも母にも効果があることを願って...


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。