2015年09月30日

母の気持ちの変化

ケリーの初七日の法要に3人で動物霊園に行ってきた。

お経をあげてもらって、お焼香をして、ケリーの魂を慰める。

虹の橋までもう少しなんだね。

前の子たちと仲良くして、大好きな母の事、見守っていてね。

まだ呼んじゃ嫌だからね。


ケリーが亡くなって5日、母の気持ちに変化が出てきた。

家族の一員がいなくなることの大きな喪失感。

「ワンコですらこんなに悲しくてやりきれないのに、私が死んだらこの子たちはどうなるんだろう?」
毎日ケリーのいない家でひとり、耐えきれない寂しさと悲しさから、そう考えるようになった母は、風体構わず生きることを選んでくれそうだ。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 22:58| Comment(0) | イタイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。