2015年03月31日

CT結果は現状維持状態

今日は外来診察の日。
8時すぎに病院に着いて、43人の採血待ち。
9時前に採血が終わって、体重を計りに行くとまた1キロ近く落ちていた。
吐きそうと言って食べれてないから困るよな。

待ち時間の間、病室に上がってガン友Sさんのお見舞いに行く。
母だけ病室に訪ねて行って、梅干しとちりめん山椒、玉筋魚のくぎ煮を差し入れてくる。

10時前に診察待合に行き、コンビニで母にカフェモカとフィナンシェ買ってきてお腹に入れさせる。
熱いのを飲んで暑くなったと言い、なかなか進まない診察にイライラし始める母。
11時半にようやく診察室に呼ばれる。
片や先生はご機嫌のようで、CTの結果が悪く無かったとのこと。
腫瘍の大きさは変わらずだが、CAマーカーは若干下がっている。(2/17 186 → 3/17 160)

痛がっていた日が多かったので大きくなってるんじゃないかと心配していたけど、取りあえず大きくはなってなかったので良かった。
吐き気がひどくなってきたことを言うと、TS−1の副作用で、薬が蓄積されてきているからかも知れないとのこと。
このまま続けるか止めるか聞かれるが、母は続けますと即答していた。

今日の夜からスタートで、また1ヶ月分のTS−1と吐き気止の処方をもらって、次は2週間後の診察予約となる。
1週休みで嬉しい。
会計を済ませて薬局へ。
長い待ち時間の疲れで母はしんどそうだったが、一緒に歩いて薬局へ。
外の風が気持ちいいと、ゆっくり歩いて行く。
日差しはかなりきつくて夏日なみとなってきた。

12時40分ごろ病院を出て、お墓詣りに行っておくと母が言い出す。
妹に電話して用意しておいてもらう。
私は妹とパンを食べ、食欲が無いと言う母にはお粥を作って食べさせる。
これからお墓詣りに行ってから帰りに立ち寄る旨を親戚の家に母が電話をいれておき、3時過ぎにケリーも連れて家を出て、お墓まで家族で久々のロングドライブ。
日差しがきつくて暑いので、ケリーの為にも冷房を効かせていく。
渋滞も無く1時間ほどで霊園に着くが、桜満開には1週間早かった。
あまり咲いてなくて残念。

母を守ってくださいと、墓前で祖父母にお願いしておく。
数年ぶりに親戚の家に寄り、仏壇にお供えして、ここでも母のことをお願いしておく。
叔母(母の弟のお嫁さん)が、母が痩せたことに触れたので、実は、と母は癌の事を言っておく。
さすがに叔母もびっくりして涙ぐんでた。
亡くなった母の弟も末期の食道がんだったから、ガン治療の怖さは知ってるもんね。
6月に7回忌法要とのことで、来れそうだったら来てくださいと言われた。
私にも、何か困ったことがあったら言ってきて、と言われたが、普段そう懇意でも無いだけに簡単に頼れそうにはないかな。

20分位でお暇して帰宅。
母に8時のオキシコンチンを飲ませ、10時前に苺を食べさせてTS−1を飲ませる。
久々の長い外出でケリーも母もどっと疲れたようで、薬を飲んだら早めに上がってしまう。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 病状経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。