2014年12月11日

抗がん剤治療できず

ケリーに薬を飲ませて、おむつをして母の部屋に寝かせたまま家を出る。
雨が降っていて薄暗い空。
車は順調で、8時過ぎに到着、採血番号は36番だった。
治験の人が体温を計りに来るが、37℃、37.5℃と少し熱があるのでびっくり。
痛みは無いが、少ししんどいらしい。
昨日の外出のせいかしら?

治験のアンケート、血圧、体重(変化なし)を計って、9時前に採血。
左手を1回失敗されて、右手で採血。
左手がまた内出血になると母は怒ってた。

カフェに行って、母はホットココア、私はコーヒーとチーズデニッシュを分けて食べる。
10時40分と早めに診察室の待合に行き、お尻が痛い、腰が痛いと言いながら待ち続ける。
母はしんどそうで、目をつぶって寝ている。
11時5分前に呼ばれて入ると、母の顔が険しそうだと先生に言われる。
待合室の椅子で腰が痛いからとフォローするが、今日は白血球も好中球も低すぎるので抗がん剤治療ができないと言われ、ショックを受ける。
(白血球 1.10、好中球 0.53)
今週は比較的調子も良く、食べれていたのにと言うと、これは副作用のせいだから仕方ない、母のせいでは無いと言われる。
優秀なほうで、大方順調に進んでいると先生からフォローされるが、今日治療できないのはがっかりだ。
来週も休むか、来週、その次と続けてやるか聞かれて、来週来ることにする。

白血球を上げる注射(ノイトロジン 100μg)を打って帰るよう言われて、注射待ちの間に来週の予約と1月6日(火)のCTの予約を取っておく。
雨が降っていたので、一人で薬局に行って塗り薬を取って来て、本日終了。

想定外に早く終わって、12時過ぎに病院を出る。
家に近づくと雨は止んでいた。
慌ててケリーを見に上がった母は、まだ寝ていたのでホッとしたと、オムツをはずすとおしっこだけしていた。
早く帰れて良かったのはこれだけ。
ケリーがう〇こまみれでなくてホッとした。

私はパンを食べてから会社に行くことに。

帰ったら玄関の花が植え替えられてた。
スマーティに何度も入りながら、花の植え替えをやっていたらしい。
根を詰めないよう言っていたので、体調見ながらしたようで、寝込むことは無かったが、妹に腰と肩に湿布を貼ってもらってた。

お豆腐屋さんが来たので、この前美味しかった茶わん蒸しを買おうとしたが売り切れで、安いほうの茶わん蒸しと白和えを買ったとのこと。
で、8時の薬前にその茶わん蒸しを食べたが、前の茶わん蒸しのほうが美味しかったと残念がっていた。
食の楽しみがあるのも良いこと。
しっかり食べて免疫力(白血球数)上げなきゃね。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 22:51| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。