2014年11月06日

抗がん剤治療5回目

6時15分に起きて、出かける準備。
夜はかなり痛みに苦しんだ様子の母。
今朝もオキシコンチンが無いから5ミリのほうのオキノームを飲んでいく。

8時前に病院に着き、採血と再診の受け付けを済ます。
先週より元気そうと治験の人に言われ、母は先週先生に怒られたことを気にして今日は気合を入れてきたと熱弁していた。
検温(36.1℃)して、また治験のアンケートに答える。

9時過ぎに採血が終わって、治験の人と体重を計り55.3キロと2キロほど落ちていた。
血圧を測ってから、カフェに朝ごはんを食べに行く。
珍しく母はホットココアを注文し、チーズの付いたパンも、アップルパイも半分食べれて、調子は良いみたい。

10時過ぎに内科診察室前に行き、診察の順番を待つが、今日は11時半を過ぎても番号すら表示されず、12時20分にようやく診察室へ。
先生に「今日は大丈夫そうだね」と言われて、母は先週の反省を精いっぱい述べて、先生にも伝わった様子。
「やれそうな人には頑張ってもらうためにきつく言うけど、ダメだと思ったら優しくなって担当を変わるから」と言われる。
母は「先生に見捨てられないように頑張りますから、宜しくお願いします」と訴えて、先生苦笑。
「頑張り過ぎないよう、頑張って」と矛盾のある励ましを受けて、今日も75%で治療を受ける。
来週のCTの為にも、少しでも効いてくれれば良いのだが。

やっぱり午後からの治療に回された為、まず近所のファミレスにお昼を食べに行く。
オレンジジュースを1杯飲んで、今のところオキノームだけで痛みはましな様子で、食欲もあるので良かった。
とは言っても、頼んだ食事は3分の1ほど食べただけで後は私が食べることに。
食後、少しカルピスソーダを飲んで、痛みどめを飲まなくて良いか聞いたが大丈夫とのことで、薬局へ薬をもらいに行く。
今日はオキシコンチンとヘルペスの塗り薬(ゾビラックス)が2本入っているせいか、薬代は2840円と高かった。

1回目の治療開始が3時半から、次が6時過ぎのスタートになるらしい。
それじゃ終わるのが7時過ぎになるよなぁ。2人ともケリーが心配だが、どうしようもない。
頑張っててね、無事でいてよケリー、と祈る思い。
6時10分にようやくジェムザールの点滴が始まる。

6時40分過ぎに点滴終了、血圧を測って、次回11日のCT検査の日の時間約束を治験の人と2時に決めて会計へ。

駐車場を出たのが7時過ぎで、車飛ばして帰るが帰宅は8時前。
ケリーは母の部屋でうんこまみれとなっていた(><)
ちゃんとトイレに用をたす良い子なんだけど、歳のせいで後ろ足が弱っているので、よろけてこけちゃうのよね、ブツの上に...
本人も気持ち悪くて可哀想だし、心臓病の発作も心配なので、この毎週の長いお留守番がお互いにツライわ〜。

母と一緒にケリーをシャンプーし、地獄部屋を片づけていたら、8時のオキシコンチンが8時40分になってしまった。
疲れて帰ってきたうえに、余分な片付けが増えた為、母はぐったり、夕飯も要らないとさっさと寝てしまった。
熱が出なけりゃいいけど。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 22:56| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。