2015年11月29日

レスキュー必要なし

朝出かける用意をしていたら母が起きてくる。
痛みは無いようで、妹の作ってあったジンジャーティ温めて飲みながら、朝食代わりにどのスープを飲もうか選んで、自ら大麦スープを飲む用意をしていた。
玄関まで見送ってもらって出勤。
昨日ほどは寒くなかった。

30分ほど残業で帰宅すると、珍しく母からパスタが食べたいと言われたので、リクエストでペペロンチーノ(唐辛子控えめでキャベツ入り)を作って、トマトを1個切って一緒に食べる。

母は美味しいと50グラムくらいを完食してくれた。

今日も痛みはオキシコンチンだけで抑えられているようで良かった。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 22:58| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ちょっと復調

今日も母は起きてこないので、出かける前に部屋に行って体温を計ってもらうと37℃だった。
微妙な微熱。
昨日残したお粥を半分食べて(妹に強制的に食べさせられて)からオキシコンチンを飲んだとのこと。
風邪を引きかけたみたいと言うので、ヒストミンドリンクを飲ませてから私は仕事に出かける。

冷え込んで寒い帰り道、夜空を見上げながら、近い将来の母の死という不安で涙が出てくる。
家の角に立って、ケリーを抱いて私の帰りを待っていてくれた母の姿、ケリーの顔が思い出される。
最後にケリーと立って待っててくれたのはもう何年前のことだろう?(4年前に変形性股関節の手術をしてから、重い物を持ったり、長時間立っていられなくなったので)

泣き顔がばれないよう、先に自室に上がって着替えて降りてくると、母はスマーティに入っていた。
今日も調子が悪いのかと思ったら、残したお粥をお昼に食べて、しょうが湯も飲んだとのことで、大分回復していて、今日はスマーティで大汗かいたとのこと。

昨日はどんなに熱くしてもほとんど汗も出ず、中に熱がこもって気分の悪い状態だったと言うので、ようやく悪い汗が出てすっきりした感じ。
温タオルを用意して、汗びっしょりの背中を拭いてあげると、気持ち良いと言いながら水分補給。
寒いし、念のため今日はシャワーは止めておくと、全身温タオルで拭いてさっぱりする。

通販で頼んであったししゃもと葛湯が届いていて、母喜ぶ。
早速ししゃもを食べる気になってくれて、お粥を作っている間に解凍。
本シシャモはホントにあっさりしていて、雌のほうを3匹食べる。しかも頭まで。

焙煎ごまわかめスープは途中でもうダメと半分残すが、お粥も梅干しと一緒に完食。
トマトも切って1/2個食べる。

後でチーズを少し切って生ハムと食べたいと言われたので、ラフランスも1個剝いて、生ハムと一緒に食べれるよう切る。
カマンベールチーズと生ハム&ラフランス、ドライイチジク、ミックスナッツ、それに昨日からまだ便が出ないと言うのでドライプルーンも3個ほど切って食べてもらう。

今日は食後に痛みが出ることも無く、オキノームも飲んでないと言うので、昨日のあの不調は何だったんだろうかと思う。

夕方に一度38.3度まで上がったと聞きびっくりするが、すぐ37.6℃まで下がって、今計ると36.4℃だった。

温熱パッドをお腹に回して温めながらテレビを一緒に見ていたら、1時間ほどで36.6度まで上がる。

寝に上がった母の部屋が寒いので、遠赤パネルヒーターを入れておく。
せっかく上がった体温を下げないよう、温かくして寝ておくれ。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:59| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

癌を焼き殺したい!

今朝は母が起きて来ず、部屋を覗くと「もう起きる」と言うので、玄関まで見送ってもらい、冷えないようにしておいてと言って私は仕事に出かける。
今日はめっちゃ冷え込んで冬らしい寒さになってきた。

真っ暗な帰り道は冷たい風が吹いてさらに寒かった。
帰ると母はスマーティに入って寝ていたが、妹が母の不調を教えてくれる。
痛みと吐き気で何も食べていなくて、夕方からずっとスマーティに入った母寝ていたのだと言う。
それでもまだ痛みが取れず、オキノームを飲むと言って起きる。
ひとりで立ち上がれないほどフラフラになっている。
昨日は1日調子が良かったのに、どうしたんだろう。
何も食べたくないと言うが、お粥だけでもと言って作って食べさせるが1口食べただけで吐きそうになって止めてしまう。
いろはすの桃味の水だけ少し飲んで、気分が悪いからと寝に上がってしまう。

母が自室に上がった後、言っていた症状で検索してみると、吐きそうなほど胃から痛いって、腫瘍が大きくなって後ろから胃を押さえつけだしたってこと?

どうしよう、アブラキサン治療1ヶ月もしていないのにそんな事ってあるだろうか?
母にはアブラキサンが効かないってこと?
あんなに嫌がっていたのを無理やりさせたのに、こんな事って。

どうしよう、これで標準治療が終わってしまったら、母はどうすれば良いの?
緩和ケアで痛みどめ漬けになるしかないの?

また泣けてきて涙が止まらない。
ケリー、助けてよ、大好きな母を助けてやってよ。
ケリーの写真を見ながら心で叫ぶ。
kellyphoto.JPG


母の苦しむ姿、見たくないよ。
どうしたら良いの?
どうしたら癌は大人しくしてくれるの?

母のお腹を開けて、膵臓の腫瘍部分に焼き鏝をあてて焼き殺してやりたい気分になる。
憎い癌を焼き殺してやりたいよ!


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:59| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

ガン友の悲報

帰宅前に家に電話して、妹に玄白米を炊いておいてもらい、帰ってから甘口の麻婆豆腐を作って母にもご飯と一緒に少し食べてもらう。
デザートに会社で頂いたラフランスを1個剝いて3人で分けて食べる。
大きくて水分たっぷりだったので、一人2切れずつでお腹いっぱいになる。
母はあまりラフランスの匂いが好きではないのだが、免疫力アップの効能があるとSiriが教えてくれたというと、頑張って食べていた。
できるだけ1回の食べる量は控えて、何回かに分けて食べてもらうほうが良いのかも知れないが、私たちが会社に出かけている間ひとりでは自発的に食べようとしない母。
お昼を用意していくが、最近ほとんど手を付けない日が多いので心配。
お腹は空いたような気はするけど、食べる気がしないと言う。
結局みんなで食べる夕飯がメイン1食だけとなってしまう(しかも量は少な目)から、圧倒的なカロリー不足ではないだろうか。
又痩せたような気がする。

また、今日は私が帰ってから母が悲壮な顔で、(最近連絡の無い)ガン友Sさんのことがどうしても気になっていたから今日電話したら、携帯が繋がらなくなっていて、家にかけたら旦那さんが出て先月の19日に亡くなったと聞かされたと言うのでショックを受ける。
最後のほうは痛みがきつくて大変だったらしい。
旦那さんも誰かに聞いて欲しかったらしく、母と面識はほとんどないのに、詳細を一気に聞かされたとのこと。
その壮絶な最期を聞いて、母も相当ショックを受けて怖がっていたが、妹と2人でSさんは元々糖尿病も持っていて肝臓や骨にまで転移していたんだから母とは状況が違うよ、と慰める。

それでも私たちもショックを隠せない。
いずれ母もそんな痛みと戦うことになるのだろうかと思うと、不安で怖くなる。
ここの所の痛みの増加が不安に拍車をかける。

雨漏りが出てきたので、屋根修理の契約をして、30日から5日ほど工事となる。
この時期イタイ出費ではあるが、雨が家に入り込んでからでは大事になるだろうし、思い切ってやっておいてもらおう。
母もこれを気にしてたからね。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:57| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

痛みは続く

10時前に屋根修理の件で業者が来て、母はしっかり化粧して起きていた。
玄関先で立ってしゃべっていて疲れた、後でスマーティに入って寝ると言っていた。
久々出勤を見送ってくれる。

仕事は今月も新規契約が0状態。
会社も心配だが、痛みの増えてきた母のほうが心配。

定時で帰宅すると、母は相変わらず夕飯食べたくないと言うが、妹も帰ってきて何か食べないとダメというと、買ってあったピザなら少し食べると言うので、2枚温めて3人で一緒に食べる。
母はバジルと生ハムチーズを1切れずつ食べ、ビールもコップ2/3飲む。
仕事帰りに今日買ってきた蕪を昆布と椎茸だしで炊いて食べてもらう。(1/6等分したかぶらを2キレと椎茸2枚、カブの葉っぱと茎少し)
これだけ少なくても食後にやはり痛みがきた。

私たちはロールケーキを食べてお茶するが、母は参加せず。
紅茶すらコップに1杯も付き合えなくなっている。

母は夕方にテレビで見たという癌闘病女優の食べ過ぎでひどくなったと言う症例を怖がっているようだ。
お腹の痛みは温熱パッドで温めていてもあるようで、今日もジッと座っているのが辛いと12時過ぎにさっさと寝に上がってしまった。
何だかなぁ。
益々不安になる母の病状。

先生がアブラキサンが効いて来れば痛みが無くなってくると言っていたので、この状況は非常にマズイのではないだろうか。
今更ながら、風邪で飛ばされた点滴が悔やまれる。
あそこで2週も空いたから効きが悪くなったのでは無いだろうかと後悔してしまう。

こんなにツライ副作用に耐えてもらってるのに、結果が伴わなければ母はどれほどがっかりしてしまうだろうかと、CT結果がすごく不安。
増して、もうアブラキサンも効果が無いと判定されれば、もう今の病院では治療法は無いと放り出されて癌難民となってしまう。
そうなったら次の手って何があるの?
緩和ケアで痛みをごまかすためのモルヒネ漬け?
あー、どうしよう...


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:57| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

ジェムザール+アブラキサン 4回目とCT検査

外来治療日。
目覚ましを1つしかかけなかったから、私が寝過ごして家を出るのが遅くなる。
渋滞にはまり、久々車中で母は朝のオキシコンチンを飲む。

今日はCT検査もあるので、検尿とCAマーカーの採血もあった。
9時10分には採血も終わり、体重を計りに行ったら43.3キロと1キロ減っていた。
やっぱりか。また食べれなくなってきてるから、これ以上痩せるのが心配。

点滴受けられるかなと不安になるが、白血球数、好中球数はギリクリアで、アブラキサン4回目の点滴を受けられる。
先週から2週続けて受けられて良かった。
ただ、鉄分が不足気味とのことで、貧血にならないよう、一緒に鉄材の点滴もうけることに。

10時10分には診察を終えて、次回の予約を取ってから治療室に行って、治療開始まで薬局に薬を取りに行く。
曇り空で、まだ雨は降っていなかった。
この季節にしては暖かい気温で、風も生ぬるい感じ。最高気温21度の異常気象。
寒くないのは個人的には有難いのだが。

今日はベッドでの点滴で、母は横になれて楽だと喜んでいた。
ジェムザールの点滴中、2人とも少し眠ってしまう。
最後に鉄材の点滴も入れて、2時40分頃終わる。
続けてレントゲンとCTを撮りに行って3時には全て終了。

会計を済ませてから、コンビニで飲み物とおでんと赤飯おにぎりを買って、自販機前の待合所で食べる。
大根を2個と、こんにゃく1枚、牛筋1本を買ったが、こんにゃくには歯ごたえが無く「なんだこれ」って感じ。
牛筋も母は1口食べてダメ、と言い、大根だけは美味しいと、赤飯のおにぎりと一緒に約1個食べていた。
病院を出たのが3時30分で雨が結構きつく降っていた。

帰って母を寝かせてから妹と買い物に出て、明日のお昼とヨーグルト類を買って帰る。
晩御飯は私と妹はチゲ春雨スープ、母にはお粥とあさりの酒蒸しを作って食べてもらう。
トマトも切って食べるが、横につけたサラダほうれん草が硬くて苦いと言って食べない。
私も食べてみるが、それほど苦いとは感じないので、味覚異常がでてきているのだろうか?


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:57| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

49日法要で気合いの1日

ケリーの49日法要が9時からなので、8時過ぎに起きると、母は起きて出かける用意をしていた。
ケリーの為にと気合を入れて起きている。
お骨と写真を持って、8時45分に3人で家を出る。

9時少し前に着くと、ケリーと同じ日に亡くなって一緒にお葬式をしたバーニーちゃんの飼い主ご夫婦が来られていて挨拶する。
もう一組、プードルちゃんの法要も併せて3組の法要が始まった。
お経を聞いて、お焼香をあげて、ケリーの写真を見ると涙が出てくる。
ケリーが居なくなったのがもう遠い昔のような感じがして、それも悲しくなる。
でも、まだ現実では無いような...。

約20分ほどで法要は終わり、帰りに売店で写真たてとLEDキャンドルを買って帰る。

今日は妹が休みでいるから、母を任せて出勤。

定時で帰宅すると、母は妹が買ってきたお寿司を食べて夕飯を済ませていた。
握りずし7貫とトマトもたくさん食べて、今日は結構食欲もあって食べれた日。

2軒隣の家の改修工事についての挨拶に来て、栗のはいったおまんじゅうをもらったと、母が早速食べて美味しかったと勧めてくる。
お茶を入れて、母も一緒にまた1個食べる。
蕎麦生地の中に白餡と栗の甘露煮が丸々1個入っていて美味しかった。
昨日買った神戸屋のフルーツ入りのパンも少し食べて、今日はホント良く食べてくれた。

母はいつもより遅くまで一緒にテレビを見ていて、眠くなったからと先に寝に上がる。

まつ毛クリニックについてネットで調べて、一番近所の取り扱い眼科が近所にあることがわかり、明日電話で問い合わせてから行ってみよう。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ジェムザール+アブラキサン 3回目

外来診療日。
早めにに家を出て、採血19番で、8時40分には採血を終える。
体重は44.7kgで変わりなし。

コンビニでアイスココアとミントチョコドリンクを買ってきて、診察待合で飲んで待っている。
10時過ぎに呼ばれて診察室にはいり、血液検査の結果は点滴OKの値だけど、体調はどうですか?と聞かれる。

「しんどかったです」と母が言うと、先生が「どうしんどかった?」と具体的に聞かれて、倦怠感と、お腹の痛み、筋肉痛のような痛み、手先のしびれ、食欲減退、更なる脱毛を訴える母。

これからまゆ毛やまつ毛も抜けてくる可能性があるから、まつ毛クリニックでまつ毛の生える薬をもらって塗り始めるよう言われる。
その薬のチラシを貰って、ネットで取り扱っている近所の病院で処方してもらうよう言われる。
来週CTを撮るとのことで、その予約をとってから治療室に向かう。

点滴を始めるのに1時間くらいかかるというので、カフェにお茶しに行く。
ホットコーヒーとクロワッサン、チーズパンを買って席に着く。
点滴前から母は既にしんどそうで、食欲も無いとクロワッサンを1口しか食べない。
ホットコーヒーはよく冷ましてから全部飲んでいた。
また副作用でしんどい日が続くかと思うと気が重そうだ。

小一時間ほど時間を潰してから治療室待合に戻って、5分ほどですぐ治療室へ。
アブラキサン20mg、ゲムシタビン800mg、3回目の点滴治療。
最後の蒸留水を入れる前に、母はトイレが我慢できないとトイレに行く。
今日も約2時間かかる。
途中母と一緒に私も横に座ったまま寝てしまう。

フラフラの母の腕を持って会計へ行ってから薬局に一緒に薬を取りに出る。
強い風が吹いてきだしていたが、それほど寒くは無くて気持ちいい感じ。
オキシコンチン15mgを14日分、マグミットとビオフェルミン28日分。

2時半過ぎに病院を出る前に妹に電話して、帰ったら一緒に食事に出るから用意しておくように言っておく。
母はグラタンが食べたいと言い出す
車は空いていて40分かからずに帰れる。
妹を乗せて神戸屋へ。
駐車場が一杯で、隣のスーパーの2階駐車場に停めて降りてくる。
久々の神戸屋。
母はズワイガニのグラタンとユリ根のグラタン&牛ヒウチ肉のタリアータとグラスビールを頼み、妹はチーズハンバーグステーキとライス、私はハンバーグステーキ&ビーフシチューと食べ放題窯だしパン、ノンアルコールビールを頼む。
前からグラタンが食べたいと言っていて、気合を入れて食べる気になっている母は、美味しいと言いながらグラタンをほぼ一人で完食。
イチジクのパンとレーズンパンも少し食べさせる。
肉のほうは2キレほどしか食べれず、ユリ根のグラタンも半部以上残したので、残りは殆ど私が食べた。

母の好きなフルーツの一杯はいったパンと、私の明日のお弁当のサンドイッチを買って帰る。
母はしんどいとすぐに寝に上がる。
私が買い物に出て帰っても、母は起きてこないので晩御飯は無し。

私は買ってきたスペアリブを煮込んで、お試し野菜で届いた丸ごとキャベツを消化するためポトフを仕込んでいたら、母がお腹が痛くなってきたと追加のオキシコンチンを飲みに降りてきた。
まだ10mgでは効かないのか。
アブラキサンは効いていないのだろうか?


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

活き活きお買いもの

休日で病院は無しで昼過ぎまで寝てる。
「少しは気晴らしに外に出ないと」と言う気になってくれた母は、花屋に連れて言って欲しいと言い出した。
3時過ぎに家を出て、久々いつもの園芸店へ。
祝日だからもっと混んでいるかと思ったが、車もすぐ停められて、ゆっくり見て回れた。
やはりここに来ると母は活き活きと次々花を選んでかごに入れていく。
flowershop.JPG

値引きチケットを持っていないからちょっとだけ買うと言っていたが、結局1時間近くでかご6杯、14000円以上のお買い上げ。
車のトランクと後ろ座席いっぱいに積みこんで、母ご満悦。

疲れたからどこかでお茶しようと、家のほうにもどり、珍しくモスバーガーに行くと言い出す。
店前のガレージが一杯で停められず、裏の第2駐車場に行き、こっちは空いていたので、停めてモスにはいる。
母はライスバーガーとポテトが食べたいと言い、きんぴらライスバーガーとオニポテとアイスコーヒーのセットを頼む。
私はモスバーガーとポテト、ホットコーヒーのセットを頼んで、一緒に食べる。
母とモスなんて何年ぶりだろうか?
ライスバーガーが食べたかったと、美味しそうに食べていた。
きんぴらには野菜と高野豆腐の細切りまで入っていてびっくり。
ポテトとオニオンフライも美味しいと食べていたが、揚げ物食べ過ぎないでよ、と釘をさしておく。
ライスバーガーも1/3残したので、私が手伝う。

30分ほどゆっくり食べて休憩してからダイエーに行って、冬用の帽子が欲しいと見に行く。
ニットの帽子を数点選んで、試着室に持って入って試着してみる。
全体にファーの付いているのより、サイドにファーの飾りの付いたニット帽のほうがよく似合っていたので、黒とベージュと2色お買い上げ。
早速来週病院にかぶっていく、と嬉しそう。

食料品を買いに降りて、ヨーグルトや野菜類を買ってから、灯油を買って帰る。
母は好きなものを一杯買えてご機嫌。
私は買い物荷物を運ぶのが大変だったんだけど^^;)


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

弱気になってきた

10時過ぎに起きたら母はもう起きて洗濯を始めていた。
良い天気のうちに干したいとのことで、しんどい体にムチ打って用事で気を紛らしているようだ。
昨日の夜から冷え込むようになり、11月らしく寒くなってきた。
インナーに長袖シャツを着こんで出勤。

帰ると母は珍しくコーヒーを点てて飲もうとしていた。
ほとんど何も食べてないと言うから益々元気が無くなっていて、1日どうしてもしんどいからほとんどスマーティの中で過ごしていたと言う。
私にも熱い淹れたてのコーヒーをくれて、一緒に飲み始めるが、母は2口ほどで気分が悪いと言い出す。
折角淹れたコーヒーなのに、もう匂いで嫌になったとギブアップ。

もうキツ過ぎて「こんなにしんどいのが続くのなら、来年の春まで生きてられるか自信が無い」とまで言い出す。
それだけ今回のアブラキサンとジェムザールの副作用がきつくて耐えられないようだ。
右の股関節まわりに痛みが出てきて、手足先はしびれた状態、口内炎も全体の爛れが治らないし、お腹が全体に痛く、背中からも痛みが来る。

お腹の痛みはオキシコンチンを15ミリにしても変わらず痛いと言うので、困ったもんだ。
スマーティで体全体を温めると、痛みは大分と楽にはなるが、倦怠感はスッキリは取れず、ずっとしんどい状態で身の置き所が無いと泣き言をいう。
頑張っている母に、これ以上どう頑張れと言うのか、もう、どう答えれば良いのか言葉に詰まる。

「もう来年の私の誕生日(5月)までは無理だろうな」なんてことを母に言わしめる恐るべきアブラキサンの副作用。

妹は即座に「そんなこと言わないで。弱気にならないで。副作用はきついけど、それだけガンと戦ってくれてるんだから。」と励ますが、私は言葉が出てこない。

安易に言葉の慰めが掛けられない私は、ただ頷きながら母の泣き言を聞いてあげるしかできない。
何でも思ったことをすぐ口にするタイプの母は、今言いたい辛いことを聞いてあげることで、少しは吐きだしになるのかも知れないと思う。
もし母がブログを続けていたら、もっと私たちには言えない愚痴や泣き言をぶちまけて、少し気持ちが楽になったりするのだろうか?
どんな気分転換、気持ちの切り替えを母にしてもらえば良いだろうか?

外に連れ出すにも、温泉に連れて行くにも、今の状況ではとても体力的に無理になってきた。
取りあえず何か食べてもらいたいので、ごま豆乳鍋スープで白菜、カボチャ、1口大に切ったお餅を炊いて、少し食べさせた。
中からも温めて、少しでもエネルギーを摂ってもらわないと、体力的にも衰弱する一方だ。

少し食べてエネルギー充填できたのか、自ら柿を剥いてデザートに食べ出す。
やはりフルーツのほうが口当たりも良くて、食べやすいようだ。
食べられるのは良いことだけど、柿じゃそんなに栄養無いよね?

妹が会社でもらってきた東京ゴマたまごを1個ずつ食べて、芋ケンピを食べながら一緒にテレビを見ているが、
母はじっと座ってる間もお腹の痛みと脚の付け根関節の痛みがあるそうで、辛そうだ。

お尻が痛いと言うので、台所の椅子用のクッションと、スマーティ用にヨガマットを買うことにする。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。