2015年10月25日

ケリーの月命日に微熱

出勤時に会社の近所でケリーの月命日にお供えするチーズケーキを買っておき、お供え用の花を買って帰宅。
今日の帰り道は冷え込んで寒かった。
帰ったら台所に足元用ストーブが出してあった。

母は微熱(36.9度)が出てしんどいからと自室で寝ている。
風邪の影響だろうか?
ケリーのお供えを済ませてから、母の部屋を覗くと、夕方から熱が出て寒気がするから寝てたいと言う。
火曜日(外来診療の日)大丈夫かな?

お粥を作って起こしに行くと、ニットの帽子をかぶって降りてきた。
脱毛がかなり進んでいるのも気に病んでいる。
玄米を少し入れたお粥と梅干し、トマトを切って、蒸しかぼちゃも少し一緒に食べさせる。
温かい物を体に入れて温まったと言い、熱い緑茶を淹れて、草餅とわらびもち少し食べてお茶する。

寝る前には熱は36.8℃に下がっていた。

早いものでケリーがいなくなってちょうど1ヶ月。
まだそこに居そうな感じと、居なくなったことに慣れた感じがして複雑。
一日ひとりで家にいる母が一番その寂しさに心痛めているのもわかる。
仏前のケリーの写真に常に話しかけている母。

会いたいよ〜、ケリー。
鮮明に思い出すのが昏睡状態の最後の寝姿というのが辛すぎる。
もっと楽しい時期のほうがはるかに一杯あったというのに。

ごめんね、もっと早く病院に連れて行ってあげてれば、あそこまでしんどく無かったよね。
後悔ばかりが湧いてくる。

母の時はそんなことにならないようにしなくては。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(2) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。