2015年02月28日

便の色がヤバイ?

今日の母はスッキリしない様子で、スマーティの入り過ぎで疲れと風邪の引きかけのようになってる。
出たり入ったりの温度差が良く無いのかな?

食慾も無いと言うが、玄米ご飯を炊いてくれていたので、野菜中心のおかずを作って一緒に晩御飯を食べる。
豆腐とにらの和風だし炒め、山芋のオリーブオイルソテー(昆布しょうゆで味付け)、ほうれん草と菊菜の茹でたものにゴマだれと亜麻仁油ドレッシングをかけて、ゆで卵1/2個。
少しずつだが、全部食べてくれた。
最後は胃から戻ってきそうになったらしいが、こらえていた。

食べた後に若干気分が悪くなるようで、TS−1の副作用だろうか?
それでも薬も飲んで、1時間ほど経ったら昨日のチョコレートが食べたいと言い出し、ブルーベリーとアプリコットのはいったチョコを少し食べていた。

昔から知ってる新聞の集金に来るおじいさんが、胃がんで激やせしていたと、また周りに癌の人がいてショックを受けていた。
もう手遅れの末期症状で、余命長くないらしい。
それでも気が紛れるからと仕事を続けさせてもらっているんだと。(営業所の社長の親戚らしい)
どれだけ多いんだ、ガン患者。

トイレから帰ってきた母が、2日ほど前から便がうどんみたいに細いのがちょっとずつしか出ず気持ち悪い、しかも便の色が白っぽい鶯色というからびっくりする。
確か白っぽい便が出るってことは胆汁が出てないから黄疸になるんだよね?
顔も白目も黄色くはなってないし、胆管のステントが詰まったってこと?
明日朝一で先生にメールして聞かなければ。

昨日までの元気は無く、今日は筋トレもせずに早くに寝に上がってしまう。
声も鼻声になっていて、風邪の引きかけみたいで心配。

暫くしてトイレに降りてきた母が、黒っぽい便が出たから大丈夫、先生にはメール入れないでと言いに来た。(またすぐ入院させられるのを恐れている)
取りあえず、ホッ。
また白いのが出たらすぐ報告するよう言っておく。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

食欲復活

今日はほぼ1日中スマーティに入っていたと言う母。
背中から熱めにはいったり、何度も大汗かいたのでかなりスッキリして体調が良いらしい。

晩御飯はごま豆乳鍋でうどんが食べたいと言うので、野菜(白菜、にら、椎茸、舞茸、人参、ほうれん草)を細かく刻み、カトキチの冷凍うどん2玉と煮込んでいると、豚肉も入れて欲しいとリクエスト。
しゃぶしゃぶ用の黒豚を少し入れて、3人で分けて食べる。

何とビールが飲みたいと言い出し、キリンの一番搾り350mlを半分こして、美味しいと飲んでしまう。

うどんもしっかり食べて、赤飯のおにぎりも1/2食べて、かなり調子が良さそうで嬉しい。

何より本人がビールが美味しく飲めたのが嬉しいと言っているので、TS−1の副作用がまだきつく出てなくて良かった。

デザートにはハーゲンダッツのクリスピーサンド(抹茶)を美味しいと食べてしまう。
私たちが新作のクルミみたらしを食べていると、味見に2口ほど食べる余裕。

今日の調子で3月3日か4日にケリーを美容室に預けて、てっちりを食べに行きたいと言っている。
寒い間に行っておこう!


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:50| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

私まで?

朝起きてから左手の親指付け根から親指先、人差し指先のしびれを感じる。
手を敷いて寝ていたせいかと思ったが、なかなか取れないしびれ。
正座したあとにさわって表面上しか感覚が無いのに似た感覚。
ちゃんと動くし触ってるのも分かるし、冷たさなどの温度も感じるが、表面がジーンとしびれた感覚で人の手みたい。
脳梗塞とかの前兆?
だったらどうしよう。

今日は妹とふたりで3時からの乳がん検診に出かける。
市の無料検診クーポンの期限が迫っているからだろうが、座るところも無いほどすごい人。
問診票を書いて待っていると、10分ほどで呼ばれて、あの痛いマンモグラフィー検査を受ける。
終わって暫くしてまた呼ばれて、今度は触診とエコー検査。
右胸に白い影が乳癌かも知れないから、再検査を受ける様言われる。
前の時(4年前)は水包のようだと言われて再検査後も経過観察だったはず。
大きさは変わってないらしい。
でも前は「乳癌」なんてはっきり言われなかったから、ショックを受ける。
まさか私まで癌?
なんか前と言ってることが違うし、来月末まで一杯らしいから再検査は違う病院で受けようと思う。
妹は異常なしで良かった。

私たちが出かけてからテレビで三津五郎さんの葬儀とともに、膵臓癌の怖さを語っていたとのこと。
5年生存率の低さまで知ってしまった母はかなりショックを受けた様子で、「頑張っても5年も生きられないのね」と弱気になってしまった。
ったく、見せなきゃ良かった。
あくまでも統計だから、と妹と励ますが、ショックのほうが大きいようで、80歳までは頑張ると言っていた気力が萎えてしまったようで心配。

小松菜とハムのパスタ(ニンニク、昆布茶と白だし、昆布しょうゆで味付け)と肉のたたきで晩御飯。
久々のパスタ、食慾ないと少な目だけど母も美味しいと食べてくれて良かった。
ちゃんと食べて体力つけてね。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:57| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

ガン友との再会

外来診療の日。
出遅れたのでノロノロ渋滞にひっかかり、8時のオキシコンチンを車中で飲ませて、8時20分に病院到着。
9時に採血が終わり、体重を計りに行くと又400g減っていた。

今日はガン友SさんもMRIを撮りに来ているからと探しているが見つからず、治験のMさんに会ったので尋ねてみるとさっき採血待合で見たとのこと。
伝えてきてあげると、呼びに行ってくれて、Sさんが娘さんと一緒に受付前まで来てくれる。
母と久々の再会を喜び合い、お互いの帽子をとって嘆きあう。
母より一回り小さく細いSさんだが、明るく元気そうに見えた。

母が手編みの靴下とポーチをプレゼントして、後でまた会おうと別れる。
カフェに朝ごはんを食べに行く。
母はサンドイッチとカボチャのスープとアイスティを頼み、わたしはコーヒーとチーズパンを食べる。
家のと違ってカボチャの甘みが全然ないスープだと母は文句を言いながら飲み、玉子とハムのサンドイッチを2つだけ食べてTS−1を飲む。
食べ終わりかけた10時過ぎに館内放送で再診受付に来るよう呼び出され、慌てて受付に行くと、採血結果が出たから早く診てくれるとのこと。
11時半の予約が10時半に診てもらう。
今日は先生のご機嫌が良いのか、色々と雑談にもこたえて10分くらい話をしている。

思ったより早く終わって、来週の予約をとって会計受付前でまたSさんに会ってプレゼントのお礼を言われる。
Sさんはこれから診察と言うので、お元気でと別れる。

母も刺激されて元気になろうって思うので、近いうちにまた元気でお会いできますように。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:56| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

もーヤダ

社長からの辞令、4月から社員給料減額とのこと。
もう、どーしよう。
これから治療費のかかる時に給料減額、そして会社消滅となったら...
メル友に思わず泣き言のメールを入れてしまう。
どうしてもらえるわけでも無いんだけどね。
誰か助けて。

10時に帰宅すると、母が夜のオキシコンチンとTS−1を間違えて飲んだと妹に怒られている。
8時に間違ってTS−1を飲んだらしい。
お腹が痛いと、11時前に寝に上がってしまう。

2時過ぎに母が降りてきてオキシコンチンを飲む。
TS−1と飲み違えて飲んでなかったらしい。
それでお腹が痛かったんだ。
ばっかじゃないの。
ちゃんと薬は決まり通り飲んでよ、全部キツイ薬なんだから!


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 03:13| Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

股関節は20年もつのに

母に朝ごはん(コーンスープ、パンとヨーグルト)を食べさせてTS−1を飲ませる。
今日は1年ぶりの股関節術後定期検診の日で、車でK病院へ母を連れて行く。

いつも通りレントゲンを撮ってからO先生の診察室前に行って診察を待つ。
1時間待ち位覚悟していたが、15分位で呼ばれて診察室へ。
母は先生の前を歩いて状態を見てもらい、良いと言われる。
レントゲン写真もきれいにまっすぐ関節が入っていて、最初にした左足手術から4年だし、ちゃんと自分の骨で固定できているから少々の事でははずれないらしい。
20年保証しますとお墨付きをいただくが、母は先生にすい臓がんになって抗がん剤治療中なので、これが最後になるかも知れないと伝える。
先生は母に免疫力があるから大丈夫、と握手して、来年また元気でお会いしましょう、と言われる。
本当に来年も来られるようにしたいが、母は今日を最後と決めているようだ。

思ったより早く終わって、会計を済ませ、来年2月22日の予約票をもらって帰る。
12時前に帰れたので、母がコーヒーが飲みたいと言うのでコーヒーショップに寄って帰る。
試験勉強の学生で一杯だったのでびっくりした。
母はドーナツとセット、私はアップルパイセットを頼む。
今日のコーヒー、アップルパイはいまいちだったけど、付いてるアイスクリームが美味しかったので母にもあげる。

家に母を連れて帰ってから私は出勤。
10時前に帰宅すると、母は食欲ないと言うので、お粥を作って食べさせ、TS−1を飲ませる。
食欲が出ないのはTS−1の副作用なのか、ガンの仕業なのか...


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:52| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

やっぱり痛い

10時にケリーに薬を飲ませに行き、母にR1のブルーベリーヨーグルトとイチジク入りの丸パンを1つ食べさせて10時半にTS−1を飲ませる。
その後ケリーも起きてきて、母もずっと起きているが、吐き気などは無い模様。
食後に胃のあたり(みぞおち)が殴られたように痛くなるらしい。
オキノームを飲むほどでは無いと言うが心配。

夕方、妹と買い物に出かける。
母がたこ焼きとお好み焼きをリクエストしたので、スーパーのフードコーナーで買って帰る。

先々週前に食べたたこ焼きのほうが美味しかったと、2,3個食べて、お好み焼きも1/3くらいをたべるのがやっとで、あとでムカムカしてきたと言いだす。

妹まで食後に胃のあたりがシクシクするのが続いていると言い、胃潰瘍が心配。
思い悩むのは私も一緒だよ、しっかりしてくれよ。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:57| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

TS-1開始

今日は病院の日。
9時前に採血終わって、体重を量ってから(400g減 )カフェに朝ごはんを食べに行く。
母はクロワッサンとホットココア、私はベーコンチーズデニッシュとホットコーヒーを食べて、おかわりしたホットコーヒーを半分こする。

母には妹2人がいるが、他県に嫁に出ているし、あまり母とも仲が良く無くて疎遠なほう。
仲の良かった弟2人は5年前、4年前と続けて癌で亡くなってしまっている。
なので、親戚には誰にも母の病気のことを伝えていない。
叔母たちに母の病気のことを言っておいたほうが良いんじゃないかと提案して、伝えておくことに許可を得る。
いざとなった時、どうして言ってくれなかったのと責められるのも困るので。
とは言え、いつどう切り出そうか...

9時45分に診察待合に行って待つ。
11時前にようやく呼ばれて診察室へ。
白血球数は少ないが好中球数がギリギリ復活していたので、抗がん剤治療ができるとのこと。(白血球数 2.46、好中球数 1.09)
脚の傷のことを聞かれ、ほぼ治ってきていると伝えるが、もう外反母趾だったことも先生は忘れている。
おまけに今日もジェムザール点滴と勘違いしてい て、TS-1に変えるために先週休薬したことを言って思い出させる。
自分が効いていないジェムザールを続けたって意味が無いようなことを言っていたくせに。
なんかもう母のことを親身に考えてくれていないようでがっかりした。

肝臓の数値から漢方薬の副作用は出ていないとの事なので、TS-1の処方をしてもらい、ガイドブックをもらう。
4週続けて2週休薬のパターン。
最初は毎週通院して吐き気などの副作用を見ていくとのこと。
漢方薬は続けるなら続ければ、って感じで、先生自体はあまり信じてもいなさそうだ。

来週の予約と3月17日のCT検査の予約をとって薬をもらいに行く。
オキシコンチンとマグミット錠(便をやわらかくする薬)、パリエット錠(胃薬)、TS-1 20mgカプセルと吐き気止め プリンペラン錠、1か月分 で9450円。
やはりかなり高い。
これで母はもう漢方薬のほうは止めると言う。
血液検査の結果もギリギリだったし、あまり効果を信じていないようなので、残念ながら無理強いはしないことにする。
現実、毎週15000円以上の出費は痛すぎて続かないし。

1時過ぎに帰宅して、母がピザをとって食べると言い出す。
ピザ屋から2枚宅配してもらい、3人で分ける。
母はマルゲリータ2切れとシーフード1切れでギブアップ。
やはり言うほど食べられず、食後にムカムカ気分が悪くなったけど、吐かずに我慢したらしい。

3時過ぎに母と出かけ、郵便局に市税などの支払いに行ってから皮膚科に行く。
約1時間ほど待たされて診察室へ。
傷口を見た先生が、もう治っているから傷口が当たらないようにしてそのまま様子を見るよう言われる。
傷口のかさぶたが取れたら終わりらしい。
軟膏も何も出されなかった。
が、母はまだ傷奥がズキズキすると言っているので、どうしたものか。

帰って母は1時間ほどスマーティにはいる。
一汗かいてから3人でハーゲンダッツを食べる。
母はクリスピーサンドの抹茶を美味しいと誰よりも早く完食。

晩御飯は10時前にかぼちゃスープを作って、母には豆腐と千切り野菜(キャベツとにんじん)をポン酢で食べてもらう。
毎日朝晩10時半にTS−1を飲むようにする。
初の1回目を服用。
TS−1 2カプセルとプリンペラン錠を1錠。
TS1.jpg

さて、どんな効果がでてくるやら。
今日は筋トレをパスして寝てしまう。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

弱気になっちゃう

母はお昼にファッロのシチュー(もどき)を食べておいてくれたが、昼過ぎから胃のあたりからお腹が痛くなってスマーティに入っていたらしい。
それでもスッキリしないと言うから心配。
また癌の痛みが出るほど悪化してきているのだろうか?

食欲なく、晩御飯も要らないと言い、バレンタインで買ってきたチョコレート(妹の買ってきたルタオの苺ミルクティ&ヘーゼルナッツと私の買ったロイズの山崎シェリーウッド生チョコ)だけ3,4個だけ食べて漢方薬を飲んでる。
大丈夫か?
あんなに好きだった山崎のチョコも1個しか食べられない母。

痛みだ出てきて又弱気になってきたのか、お墓のちらしを見ては、見に行っておきたいと言い出す。
勿論いずれは要るだろうが、何か気が乗らない。
現実逃避したいだけなんだけど。

しんどいから寝る、と、一応脚の筋トレだけはして寝に上がる。
ひとり台所で明日の分の漢方薬を煎じてると、涙が出てきた。
私まで弱気になっちゃいけないのは分かってるのに...


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

できない覚悟

朝の冷え込みはんぱない!
雪もちらつく寒い1日。

仕事の合間、伝票整理に追われながら、また闘病ブログチェック。
いつものメンバーが元気だと救われる。
みんな頑張って。

9時前に帰宅。
スペルト小麦のスープを作ろうとしたら、妹が1人フグ鍋を2人分買ってきてたので、それを3人で分ける。
白サバフグだったからどうかと思ったけど、それほど臭みは無かった。
てっちり食べに行きたいと言っていた母は美味しいと喜んで食べていたので良かった。
しめに雑炊もして3人で分ける。

ホントに治らないのかなぁと、弱音を言い出す母。
少し悪化を感じているのか?どうにもできない痛苦しさが辛いらしい。
自分の体を投げ捨てたいと、ポロっと本音を吐く母にかける言葉が出てこない。
大丈夫だよ、絶対治るよ、って自分も信じて言ってあげなきゃいけないんだろうけど、その言葉が素直に出てこない。

他の人の闘病ブログで良く無い例を見過ぎているからかも知れないが、厳しい現実があるのも事実。
諦めてるわけじゃないけど、ある意味開き直った覚悟も要るのかとも思う。
今の私にそんな覚悟ができるわけも無いのだけど...


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:53| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。