2014年11月26日

抗がん剤治療7回目

ケリーに薬を飲ませてから、妹に留守番を頼んで病院に出かける。
病院の駐車場で母が8時のオキシコンチンを飲んでから受付に行くと、もう採血の受付が始まっていた。
前回より少し遅くなったので40番目。
治験の人が検温と(36.4℃)アンケートを取りに来る。
先週からは皮膚炎以外は結構調子のいい日が多かったので、その旨アンケートに書いておく。

9時10分に採血4本採って、検尿、体重測定。また1キロ落ちていた。
1時間後に診察室前に来るよう言われて、カフェにお茶しに行く。
母はいつも通りホットココアを頼んで、私の頼んだポテトデニッシュを3分の1ほど食べる。
食べ終わってからママがお腹がグルグルしてきたというので、トイレに行く。
お腹の調子が悪く、気分が悪くなってきたという。
診察室前に10時20分ごろ戻り、11時15分に診察室に呼ばれて、今回は100%でもできると治験のSさんは言っていたけど、主治医の先生は又白血球がどーんと下がるのが怖いから75%でやりましょうということで、今回も前回同様75%での点滴。
11時35分に治療室に行ったので、ギリギリ午前の部に間に合った。
朝は元気だった母だが、少し気分が悪いという状態が続いてしんどいらしい。
でも、朝のオキシコンチン以外、オキノームは飲まず、痛みはそれほど無いらしい。(重だるい・苦しい感じ)

1回目の抗がん剤点滴が12時半から始まり、1時過ぎに終了。
今日はいつもより順調に進んで、早く帰れそう。

次の治療まで、母が地下の食堂でうどんが食べたいというので連れて行く。
食券を買ってはいる「昭和な」食堂で、出てきたうどんも呆れたレベルのもの。
案の定とは思ったが、母は不平タラタラ、こんな美味しくないうどん、知らんわ!って、あんたが来たいって言ったんじゃないか^^;)
私は全部食べたけど、母はかちんうどんの餅1つとうどん数本だけ食べてほぼ残していた。
うどんの不平を言いながら3時前に治療室に戻る。

2回目の抗がん剤点滴は初めてベッドでの施術で、しんどくて横になりたかった母は喜んでいた。
毎回ベッドなら良いのに、と言っていたが、そうはいかないらしい。(基本、治療椅子での施術)
点滴中に少し眠れたようで、ベッドで良かったと言っていた。
4時前に会計できて、病院を出れる。
天気予報通り、雨が降って来ていたが、きつい降りでは無かったので、渋滞も無く帰れる。
帰りにスーパーに寄って食料品を買って帰る。

母は疲れたからすぐ寝たいと、帰ってすぐ寝てしまう。
妹と2人、先に晩ご飯してると、9時前に母が起きてくる。
すぐ寝たのが良かったのか、熱も痛みも無く、楽になったとのこと。
オアシスで買った握りずしを半分以上(6貫)食べれて、デザートにブドウも食べる。
食欲もあって嬉しい。

寝る前にスマーティで大汗かいて、温タオルで拭いて、すっきりしたと、かなり楽な様子でホッとする。
カルピスオアシスにmega3入れて飲ませておく。
このまま明日、熱も出ませんように。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 22:42| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。