2014年11月19日

皮膚科へ

私が起きて降りてきたら母はもう起きていた。
8時に飲んだオキシコンチンの効きが悪く、オキノームを続けて飲んでいるらしい。
今日は熱は下がったが、調子は良くないので人参ジュースもパスしてしまう。

妹とパンを食べてから、3時過ぎに母を皮膚科に連れて行く。
30分ほど待たされて診察してへ一緒に入る。
抗がん剤治療を受けていること、出ている薬のことを伝えて、脇の症状を診てもらう。
ん〜、と考え込む先生。
結構きつい目のステロイド剤が出ているので、これで効かないのならどうしたものか、といった感じ。

夏にカビ菌でかぶれたことがあるので、念のため皮膚組織を採らせてほしいと、セロテープでペタペタ患部の皮膚をくっつけて、嫌がっていたがパンツ横の爛れも見せて組織採取、顕微鏡で観察。
結果、夏と同じカビ菌が脇にも下にもウヨウヨいるらしく、軟膏を変えることに。
抗がん剤で免疫力が弱ったところに、前のカビ菌が発生、繁殖したようだ。
よく汗もかいているし、パウダーの滓も繁殖源になっているかも、でパウダーを止めてみるよう言ってみる。
菌を殺す薬に変わって、爛れが治れば良いのだが。

隣の薬局で薬をもらってから、ドラッグストアにウィダーインゼリーを買いに行く。
水分が呑み込みにくいので、ゼリー状のほうが横になったまま飲めて良いらしい。
特価になっていたので、20個ほど買い溜めておく。
ほか、雑貨の買い物をしていて、途中お腹の痛みが出てきて母はしんどそうだった。
帰宅して早々に母は「痛みがひどいから1時間ほど寝てくる」と、上がってしまった。

先に私たちが晩御飯を食べ、9時半過ぎに母が起きてきてからほうれん草と豆腐を昆布と椎茸のだしでしゃぶしゃぶしてゴマダレで食べさせる。
ほうれん草一掴みと豆腐3切れを食べる。
デザートはぶどう。この連日のぶどうで、お通じが良くなったとのこと。
mega3入りのホットミロも飲ませておく。

熱い目のスマーティに入れるが、後半に爛れた所が熱くなって痛いと、5分短縮で出てくる。
水分補給してからお風呂にはいる。
沁みるのを我慢してきれいに洗って、今日出た軟膏を塗って寝に上がる。
皮膚の爛れが早くましになってくれれば良いんだけど...


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 22:40| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。