2014年10月31日

食後が痛い

朝ケリーに薬を飲ませに母の部屋に行くと、お腹の張りがやっととれて、気分がましになったらしい。
昨日はホントに辛かったと言っているので、熱が出なかったのが良かった。

私は会社で、帰宅が10時前。
帰るとちょうどご飯を始めた所みたいで、母がお粥用に柔らかめに炊いたご飯と、妹の買ってきた惣菜と残してた湯豆腐で夕飯してた。

母も少し食べれるようになってて良かった、と思っていたら、食後、お腹が痛いからとまた寝に上がってしまった。
食べた直後に痛くなってくるらしい。
せっかく無理してでも食べようとしているの、食べるのが辛くなるのはヤだな。


にほんブログ村


posted by おばちゃんの長女 at 23:29| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

抗がん剤治療、飛ばされるところだった

6時20分に起きて出かける準備。
母ももう起きて用意を始めている。
お腹が張った感じと痛みでしんどいと言っているが、大丈夫だろうか。

先週より少し出遅れたので既に20人くらい並んでいたが、20分ほど待って採血と再診の順番を取る。
おなかがぐりぐりするからと、母がトイレに行って、下痢っぽい便が出たが、まだ残ウン感があって気持ち悪いらしい。
治験の人がアンケートを取りに来て4枚ほど回答を記入していく。
20分ほど待って採血(今日は7本)、検尿。
さっきトイレに行ったばっかりで、量が足りないとのことで、後でまた治験用の検尿を言われる。

のどが渇いたというので、コンビニで野菜&果実ジュースを買ってきて飲ませる。
今日は心電図も取るから、と2階に上がって心電図を取って1階の内科待合に戻る。

採血後、いつものカフェで朝ごはんが食べられなかったので、私も母もフラフラ。
30分ほど待って主治医の診察室へ、入ると同時に「しんどいですか?」と聞かれたので、母が素直に「しんどいです」と答えた。
「じゃ今日は止めましょう」と先生に言われ、へ?となる。
胆管が詰まりだしたのは腫瘍が大きくなってきているからで、これが20%を超えると治験がストップするとのこと。
先生の予想では18%くらいじゃないかと言うが、今日抗がん剤を止めて、来週大きくなってても知らないよ、みたいなことを言われ、益々混乱する。
え?じゃ何で今日しないのよ?
「白血球が少なくてできないとかじゃないんですか?」と聞いてみると、血液検査の数値の問題では無く本人のやる気の問題、本人がしんどいからやらないのは自由、とのこと。
「外で相談してきて」とひとまず診察室を出される。
母も私も訳が分からず、白血球の減少によるドクターストップじゃ無いのならやってもらおうよ、て言うか抗がん剤治療するためにわざわざ来てるのに、どーいうこと?と母と話す。
確かに今日の母はしんどそうで、気分はすぐれないらしいが、本人の意思ってだけならやってもらえば?と提案。
母も治療を受けて帰ることに同意したので、治験の担当者に言ってまた主治医と話す。
20分ほど待たされて母は更に気分が悪そうだったが、やることを伝えて、75%で抗がん剤治療を用意してもらう。

あと、オキノームを5gに変えてから飲むと吐き気と気分が悪くなることを言って、2.5gのに戻してもらう。
吐き気止と、ヘルペス用の軟膏も追加で出してもらう。

よくわからないまま、取りあえず治療が決まったので、来週の予約を取ってから治療室に向かう。
無事午前の部に治療を受けられることになり、待合室でしばらく待っている。
朝ごはんを食べれなかったせいか、母は本当に気分が悪そうだった。

12時から1回目の抗がん剤投与。
氷を2,3個口に含んだ後、母は寝てしまったようだ。
点滴終わって血圧を測ってから、休憩2時間、食事と薬を取りに行く。

ふらふらしながら近所のファミレスまで行ってランチ。
「食べて元気をつけるわ」とメニューを真剣に見て気合を入れていた。
母はめずらしく16穀米のキーマカレーランチ(ミニサラダ付き)をとって、美味しいと半分くらい食べてた。
私は茄子のパスタを食べて、母のカレーの残りを手伝う。
食後に母がケーキが食べたいと言い出し、追加注文し、ドリンクバーでコーヒーをとってきて母と半分こする。

ゆっくりお茶してから薬局に行って薬を受取り、2時35分に治療室に戻る。
3時少し前から2回目の抗がん剤投与開始。
今回は母と一緒に私も30分ほとんど寝ていた。
3時40分ごろ終了、会計を済ませて4時過ぎに病院を出る。

母は疲れたと自室にこもり、私は会社に出かける。
2時間ちょっと仕事して、9時前に帰宅。
母はあれからずっと寝ていて、8時の薬の際にレトルトのお粥を食べて薬を飲んだらしい。

よほど疲れて見えたから、主治医にあんなこと言われたのかな、と未だ合点の行かない様子の母。
私もなんで本人の意思次第で止めようなんて言い出されたのか不思議で、何か納得いかない。
確かに今日は母の様子が疲れて見えたから、そう言われたのかも知れないのだが...。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:56| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

退院するも

病院に着くと、母は準備万端で会計書待ち。

看護婦さんがお薬を持ってきたけど、頼んであったヘルペスの塗り薬が出ていなかったので、また病室担当医に不満^^;)

会計書が来たので1階におりて清算して帰宅。

家に着くなり母はしんどいからケリーと一緒に寝ると言うので、痛み止めを飲んで自室にあがる。

私はお昼を食べてから会社に行く。

9時半まで残業して帰宅したら、母は起きていて妹とご飯を済ませたところだった。

昨日残した玄米おにぎりと、妹の買ってきた野菜のお惣菜を食べたそう。

寝る前の痛みどめを飲んだら、また胸がもやもやするとさっさと寝てしまった。

やはり調子は良く無いようだ。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

突然の退院命令

出勤の前に母の所に寄って行こうと、差し入れの玄米おにぎりの用意をしていると、母から電話。
病室担当医が来て明日退院しても良いよ、だって。
母はまだしんどいし、木曜の抗がん剤治療を受けてから退院したいから、その旨主治医の先生に連絡入れてほしいとのこと。
今頃退院って、だったら土日に帰してくれれば良いのにと母はかなりご立腹。

主治医の先生にメールするとすぐ返事が来て、今回は退院してくれないと、次回黄疸なんかの緊急時には地元の病院に行ってもらうよ、てな脅迫じみた内容。
これを母に伝えて、今回は退院してもらうことに。
不本意ながら母も了承して、明日10時に迎えに行くから、と言っておく。

さて、今日のお見舞いどうしよう?
水曜まで行けないと思ったから差し入れを用意してるけど、明日退院とはね。
たぶんろくに食べていないだろうから、玄米おにぎりと玉子焼きの差し入れを持って行くことにする。
病室に着くと、母はお風呂上りだったようで、汗をふきながら着替えていた。
急に行ったのでビックリしてた。
腰のヘルペスだけでなく、陰部のただれもひどいらしく、陰唇がくっつくほど腫れているとのこと。
脇や脚の付け根も赤く爛れて、薬を塗っていたらしく、その後赤黒く色素沈着して嫌だと嘆いていた。
治験薬の副作用そのままだな...

看護婦さんがヘルペスの薬を塗りに来て、余りのひどさに「先生に診てもらう」と病室担当医を連れてくる。
内服を早くくれていればここまでひどくならなかったのに、と母は一応文句を言っていた。
治験が始まる前にはヘルペスの内服薬は禁止されていたが、始まった後は飲んでも良いのだという事をつい最近言われたらしい。
ガーゼを貼ってもらって、病室担当医の不平をぶちまけていた。
病室担当医は患者や看護婦さんにまで態度(対応)の悪さで不評のようだ。

おにぎりを食べてもらいたかったのに、食欲が無いと拒否られ、半分は同室の患者さんにあげると言っていた^^;)
玉子焼きは持って帰る。
明日また家でゆっくり食べてもらおう。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:58| Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

発熱

夜に母から電話で、朝方寒気がして少し熱がでた(37.8℃)けど、また下がってきて37.1℃になったと言っていた。
38度以上熱が出たらすぐ主治医に連絡するよう言われてるから、まだ許容範囲?
おとなしく寝ているのに、どうして熱が出るんだろうと、不安になっている様子。

土日で先生が来ないから遠赤パッドで温めているとのこと。
そう、体冷やさないでね。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:44| Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

痛いことばっかり

出勤前に電撃お見舞いに行く。

病室に着くと母は入り口の患者さんとお話し中でした。
予告なしで行ったのでびっくりしてた。
貼るカイロとウエットティッシュとドリンク類を差し入れしてくる。

ベッドの横には大きな空気清浄器。
白血球が1.49、好中球数が0.51しか無いので、感染しないようずっとマスク生活らしい。
土日もおとなしく寝てるしかないらしい。

まだ内視鏡手術の後遺症か、喉から胸が痛いらしいし、それより脇や脚の付け根、陰部のただれがすごくなってきていて、軟膏をもらって塗っているとのこと。
癌の痛みもひどいらしく、オキノームを5mgに変えてもらったら吐き気がしてずっと気分が悪いと、これも辛いらしい。
おまけにヘルペスも出来てきて痛いことだらけの母。可哀想に。
一周りほど小さくなったような母。
どうにもしてあげられないのが辛いよ。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:28| Comment(0) | イタイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

術後がどうにも...

母から電話で白血球も好中球も異常に下がっているから抗がん剤治療はできないし、水曜まで入院で治療するとの事。

土日も帰れそうにないとのことで、かなり参っている様子。

痛みのあまり吐いてしまうし、髪の毛は更に良く抜けるし、と免疫力も上がらないだろうことばかりで可哀想になる。

治験の日程的に次の抗がん剤ははずせないので、来週水曜まで家には帰らず治療だそうだ。

土日、ケリーが1日中の長いお留守番になってしまいどうしよう、とは思うけどしょうがないし...

母にもケリーにも頑張ってもらうしかない。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 21:58| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

妹のお見舞い

月曜の手術後から2日電話も無く、私たちも仕事でお見舞いに行けていないので心配していた。

仕事が2人とも休みの今日、11時前に妹が母に電話していて、今日は点滴もして動けないし、天気が悪いから来なくていいと言われたと。
私が再度電話してみても、まだ点滴してるし、ステント手術の後、とにかく痛くて吐き気もするし、もう嫌だと泣き言を言っていた。
背中を温めたいのに遠赤パットは使わせてもらえないらしい。
雨も降ってきていて、車が危ないから来なくていいと念を押される。
こんな日に来て、もし事故でも起こしてあんたに何かあったら生きていけないわ、とまで言われては強行するわけにもいかず、
妹が美容室に行くと言うので、帰りに病院に寄って母の様子を見てきてもらうよう頼む。

病院から帰ってきた妹は、お怒りモードだった。
まず遠赤パットの使用を止められたこと。
患部を温めるとかなり痛みが楽になるというのに、どうして使わせてくれないんだか。
やはり痛みどめを飲む量が増えてるらしい。
腹立つから使い捨てカイロを買って行って貼ってきてあげたと言っていた。

また、ちょうど母の食事の時間に行ったらしく、食欲が無いだの、美味しくないだの言って食べない母を窘めてたら、「じゃぁ食べてみなさいよ」と鶏つくねを食べさせられて、ホントにくそほどまずかったと文句たらたら。
病人にあんな食事はかわいそすぎるだの、早く退院させないと益々母が弱るとブチ切れていた。

ん〜、早くても1週間くらいは入院だって言っていたから、今週末も一時帰宅できるか微妙な所じゃないだろうか...

今日、妹がオーダーしていたイメージ療法のDVDが届いたので、母が帰ってきたら毎日見せて洗脳していこう(^o^)


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:42| Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

一時帰宅終了

10時にケリーに薬をやりに行くと、母は寝る前に飲んだ薬(オキノーム)のお陰で朝まで久々ぐっすり眠れたと言っていた。
まとめて眠れる時間が取れるようになって良かった。

6時過ぎに帰ると、母がお腹空いたとおせんべいを食べていたので、冷凍のえびピラフとゴマわかめスープ(Mega3入り)で夕飯にする。
7時過ぎに家を出て、母を病院に送る。
病室に戻って8時の薬(オキシコンチン)を飲ませる。
他の人が皆退院していて、病室は母1人となっていた。
パジャマに着替えて検温(36.3度)し、ベッドに入るのを見届けてから私は病院を出る。

家に着いてから母に電話して、明日の手術後は無理だろうから、火曜日に連絡をくれるよう言っておく。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 22:57| Comment(0) | すい臓がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

痛みどめをうまく使う

朝病室に迎えに行くと、ベッドは窓側にかわっていた。
荷造りはできていたので、ナースステーションで薬をもらって、8時の薬をその場で飲んでから退院する。

帰り道、タリーズにモーニングを食べに入る。
母はアイスコーヒー、私はホットコーヒーとホットサンドのセットを注文し、珍しく母も美味しいと卵とハムのホットサンドを完食する。

10時過ぎに帰宅して、ケリーに薬をやってから私は会社に出かける。

晩御飯も一緒に食べて、今日は少し調子が良かったみたい。

痛みが出る前に痛みどめを早めに飲むタイミングがつかめてきたと言っていた。

痛みは無くても寝る前にオキノームを飲んで、できるだけ朝まで続けて眠れるようにしてもらう。


にほんブログ村
posted by おばちゃんの長女 at 23:58| Comment(0) | 家での闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。